流行や時代に左右される古本買取

私も何度か古本を古本屋さんに買い取ってもらった事があるのですが、全ての本を買取ってくれるわけではありませんので、あらかじめ注意しといて下さい。

大手のチェーン展開している古本屋さんであったとしても例外ではなく、汚れがひどくて買い手が見つかりそうもないような本は、どこに持って行っても売る事は難しいです。

古本買取のブックサプライであれば、どんな本でも10円ぐらいであれば売れるかもしれませんけどね。

後は、ジャンルによって買取拒否されて店側に嫌がられる事もあり、例えば、ファッション雑誌のように、流行や時代によって左右されるような本は、買取をしてくれない事が多いので、売るのであれば早め持って行くことが重要です。

古本買取といっても奥が深い事を少しは理解して頂けたかと思いますが、売りたいと思っている本があるのであれば、どのジャンルの本になるのかを調べ、どのような古本屋さんに持って行けは高く売れるのかを、事前にチェックしておく事も大切なのです。

ちなみに、チェーン展開しているような古本屋さんの場合、買取価格の基準がマニュアル化されている事もあり、本当に価値のある本でも安く買取されてしまう場合もありますので、場合によっては古書店の店主に査定してもらった方が良いかもしれません。

古本屋とリサイクルショップの違い

馴染みのある本の買取店といえば、まずブックオフが出てくると思いますが、店の定義はリサイクルショップであって、古本屋ではないことを知っているでしょうか。

古本屋というのは、古本を専門に扱っていることになりまして、リサイクルショップというのは、複数の中古品を扱っていることが前提となりますので、CDやDVD、ゲームソフトを扱っているブックオフはリサイクルショップとなるのです。

話は変わりますが、本を買取する際の値段設定は段階で決められており、古本屋のようなプレミア価値を考慮することは一切なく、店舗によっても多少の差はあるのは仕方がありませんが、あくまで本は本であるという見方をします。

店内放送を聞かれたこともあると思いますが、耳を澄まして聞いてみると要らなくなった物という歌詞でして、このように軽い気持ちで本の買取をしてもらえば問題はありませんし、捨てるくらいであれば店頭でお金に替えて、帰りに美味しいスイーツでも買おうかなというくらいの気持ちで査定してもらうのが良いです。

また、出張買取を行っていまして、自宅から店まで遠い場合は、車のガソリン代や電車代も掛かりませんので得をした気持ちになりますし、50冊以上の本があれば無料で引取りに来てくれて、3日後ぐらいまでには買取金額を振込してくれるので、時間も有効に使えます。

高く本を買取してもらいた方は、リサイクルショップに高く買取をせがんでも無理ですから、買取価格の高い古本屋さんを探してみることや、手間を惜しまないのであればオークションを利用した方が数段も良いと思います。

私としては、本の買取をするのであれば、アマゾンを利用することお勧めします。